お店選び



メダルゲームはテレビゲームと違って、うまく遊ばないと非常に多くのお金を損失してしまいます。テレビゲームならば5,000円を出せば一つのソフトが買えて長く遊べますが、メダルゲームで5,000円なんてあっという間に無くなってしまいます。それを防ぐためにはいい店で遊ぶということです。ここでいういい店とは、決して大きな綺麗な店ということではありません。小さくて汚くても、ユーザーに優しい店を選んでいこうというものです。以下にその基準を書き出します。

【選択基準1:メダルレート】
当然安く買えた方がいいです。これはメダル貸出機を見れば判断できるので分かりやすいですよね。できれば、1,000円150枚以上のところで遊びたいですね。最重要項目の一つです。

【選択基準2:ペイアウト設定】
これもレートと同じぐらい重要です。どの位の割合でメダルが払い出されるかというものです。しかし、これはなかなか見分けが付きにくいです。スターホースのような競馬ゲームはオッズで見分けることが出来ますが、スロットやカードゲームでは瞬時に見分けることは不可能です。常連さんなどに聞くと分かる場合もあります。

【選択基準3:家からの距離】
近いほうが交通費を使わなくて済みます。しかし、近すぎて毎日入り浸ってしまうのも問題であるかと思われます。ここは適度な距離のお店を選びましょう。自転車でいける範囲が一番いいです。

【選択基準4:客層】
お店によって客層はかなり異なります。それは主に立地条件によって変わってきます。ショッピングセンター内にあるところはファミリー層が多いですし、繁華街にあるところは学生やサラリーマンなど若い人もいます。好みによって決めましょう。

【選択基準5:店員の対応】
驚くことに、マシントラブルの研修を満足に受けずに接客をしている店員がいる店もあります。こういうところはストレスが溜まるうえ、無駄な時間も取られるので辞めたほうがいいでしょう。



           










[←戻る]