メダルゲームとは



メダルゲームは、アーケードゲームのうち、メダルを使用するゲームであります。「コインゲーム」、稀に「ギャンブル・カジノゲーム」とも呼ばれます。

メダルゲームをプレイするには、まずメダル貸出機やカウンターでお金と交換します。千円分で50枚〜300枚と地域・店舗によって幅があります。また、5千円分や1万円分など、まとめて借りると割安になるところがほとんどです。

メダルの所有権は店舗にあり、店舗内外のメダルの持ちこみ・持ち出しは原則禁止となっています。 これはメダルの持ち出しを認めることは法律で禁止されている事と、 これを認めると、持ちこみでタダで遊ばれてしまい、持ち出しで店舗内にあるメダルの量が減り、新たに鋳造しなければならなくなるという店側の事情もあります。メダルが「販売」ではなく「貸し出し」となっているのはこのためであります。 また、店舗によっては、複数の大きさが異なるメダルを用意し、機器に追加された投入口へ投入することにより、通常のメダルの10枚〜500枚のメダルを一度に投入したことになる設備も整っています。これは、特に大量のメダルを賭して遊戯するプレイヤーに対するサービスの一つとされています。

種類は、競馬ゲーム、ビンゴゲーム、プッシャーゲーム、スロットやポーカー、花札や麻雀、パチンコやパチスロなど多岐に渡ります。



           



ピタクリ

[←戻る]