G1 ウイニングサイアー



G1-Leading-Sireの続編です。Leading-Sireとは、それまでの競馬ゲームの常識を覆し、馬の育成ができるようになりました。その為、飛躍的にメダル消費枚数が上昇致しました。

〔Ver1〕
ステーション数:12
 
レース:年間72レース(1999年版対応)
 
BET方式:タッチパネル方式(流し、BOX可能)
 
出走頭数:G1・8頭、G2・7頭、G3OPEN・6頭。
 
プレイヤー馬同時出走:5頭
 
エントリーカード:1枚300円。15種類のデザイン。有効期間90日。1枚で8頭まで購入可能。


〔Ver2〕
発売日:2000年夏

・Ver1との相違点
@ゲームセンター独自のレースが作成可能
 
A調教パラメータに「馬体重」追加
 
B阪神牝馬特別、ダービー卿CT、新潟3歳S等の追加
 
C7種類の隠しレース登場
 
Dインターネットランキングのパスワードが登場。

E購入馬の追加

       
〔Ver3〕
発売日:2001年夏

・Ver2との相違点
@放牧中でも調教可能
 
A新年齢表記に変更
 
BG1完全制覇時にマルチエンディング
 
C月間顕彰馬ランキングTOPの馬の冠名がレース名になる
 
D購入馬、隠しレースの追加

E賞金等の変更。
 
F馬の故障、骨折が発生する
 
G4人の仲買人システム

現在の最新バージョンは、「WINNING-SIRE2」です。
スターホースにも負けない人気を誇っております。


           



[←戻る]