金利が低いといいのか



消費者金融やカードローンを比較する上で、ついつい見てしまうのが金利。ただこの金利だけを見て借入先を選ぶのは止めた方が良い場合もある。

金利が低ければ低いほど審査は厳しいという現実がある。お金を貸す側になって考えてみるとわかりやすいのだが、金利が低いということはお金を貸す側としては利息という利益が少ないことを意味する。

そのため、万が一低い金利で貸し出しをして回収不能となってしまった場合にはその損失が大きくなってしまうため、金利が低い商品は出来る限りきちんと返して貰えそうな人にしか貸さない傾向にある。

結果、他のキャッシングと比べ、審査が厳しくなる。運良く貸して貰える場合にもその借入限度額は低めに抑えられることになる。申し込む場合には審査が厳しいことを覚悟の上、申し込んでみて欲しい。





体験入学

[←戻る]