サラ金とは



サラ金とはサラリーマン金融のことである。またの名を消費者金融という。最近ではサラリーマン金融やサラ金という言葉のイメージが著しく低下してしまったため、「消費者金融」と呼ぶ場合のほうが多くなってきた。もちろんサラ金=消費者金融なので、基本的には言葉が代わっただけと思えば良いだろう。

サラ金という言葉自体、非常に定義が曖昧ではあるが総じて言うと、「無担保で主にサラリーマンに対して小口の貸し出しをする金融会社」となる。もちろんサラリーマンだけではなく主婦にも貸し出しもしているのでご安心を。

最近ではテレビCMのイメージアップもあり、消費者金融が身近に感じられる方も多くなってきていると思う。但しサラ金だろうが消費者金融だろうが、あくまで借金には変わりがないため、借りる場合には計画的な返済プランをたててから借入を行うようにしてほしい。



国立公立大学

[←戻る]