マトリョーシカ

作詞/作曲 はんだれいな
編曲 albatross


月明かりの宵に ふらふら 迷い込んだ森の中
真っ黒になったあたし
心は朽ちた朱い色

いくら扉を開けても
目の前には南京錠
果ては来るのかい?

云えぬ言葉があるから
口を塞いで仕舞いたい
心に形があるのなら
あたしが握りつぶしてしまおう

もう日は照らない灰色の花畑
あなたが咲かせた花は
こんなにきれいよ、と
みせてあげるわ

いくら扉を開けても
目の前には南京錠
果ては来るのかい?

あの一言が根をはって
体中に蔓をのばすとき
心に形があるのなら
すぐに潰れてしまったのでしょう

いくら扉を開けても
目の前には南京錠
果ては来るのかい?

云えぬ言葉があるから
口を塞いで仕舞いたい
心に形があるのなら
あたしが握りつぶしてしまおう

あの一言が根をはって
体中に蔓をのばすとき
心に形があるのなら
すぐに潰れてしまったのでしょう



[←戻る]